• トップ
  • 県営公園における鳥インフルエンザ対策について

県営公園における鳥インフルエンザ対策について

お知らせ

2021年12月3日

九州各県で、高病原性鳥インフルエンザウイルスの陽性確認がでています。

本日現在において、新たな感染鳥は確認されておりませんが、今後、公園の野鳥が鳥イン フルエンザの発生源となる恐れもあることから、公園をご利用の際は以下の点につきましてご協力下さい。

(1)    野鳥に近づきすぎたり素手で触ったりしないこと。

(2)   野鳥の排せつ物等に触れたときは手洗い、うがいをすること。

(3)   靴で野鳥の糞を踏まないよう十分注意すること。

(4)   野鳥を追い立てたり捕まえようとしないこと。

(5)   死亡野鳥や傷病野鳥を見つけたら、触らずに公園管理事務所に連絡すること。

(6)   県営公園では、環境悪化や他の公園利用者の迷惑になることから野鳥への餌やり

はしないこと。

以上、宜しくお願いいたします。